Blog

2015/04/11 14:23

anoriでは主に、家具や自動車、ランドセルの製造過程で出る余った素材を使用しています。

なぜ?とよく質問されることがあります。

私は家具の会社に務めていたことがあります。ソファなどに使われる生地はとても大きく、失敗してもいいように生地は多めに準備しておきます。でも失敗なんてそうそうするものではないので、そのリスクマネジメントの結果が大量の余り布に繋がっていきます。
その余りを毎日眺める中で、何かできないか?と想いはじめたのが原点です。
余りといってもモノはいい。絶対にこれはいいものになる・・・。と信じてはじめました。

山形はものづくりが盛んです。とはいってもほとんどが下請けの企業で自社製品を持ちません。
なので余ったからといって他の製品に当て込むことが出来ないのです。なので溜まっていくばかり・・・。

そんな端材ですが、見方を変えると端財です。
ゴミを捨てるのにもお金がかかる時代、少しでも買い取らせて頂くことで、企業もanoriもお客様も、みんなハッピーになって頂くのを理想としています。