Blog

2015/06/27 22:59

先日、山形県大石田町のガラス作家、カンベガラスさんの工房へいってきました。

今、カンベさん(作家は大内さんという名前です)のWEBを作っています。

釜は大内さんの手作り。工房で写真撮影をしてきたのですが、汗が滴り落ちながらシャッターを切ってきました。
吹きガラスの作業工程を見るのは初めて。時間との戦いに加え、熱、重さもかなりのもので、体力と判断力が求められます。

大内さんの作品はかなり透明度が高く、美しいデザイン。先日東京で一緒にイベントに出ましたが、たくさんのお客さんが買っていました。そして価格もリーズナブル。うちでも取り扱っています。